スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSO2 αテスト

はじめましてから始まるRPG。
今度のPSO2は「初めまして」以前から参加できました。

そう、第一次αテストの参加者発表から翌日。
どーんと当選者が増えたようで、私もその中にはいってました!
わー!!

ラグオルではないですが、正統派後継として、PSOがどのように
仕上がってるのかをみてきました。

ふふ…、昔、某会社でデバッカーとしての腕が鳴るわ!(オイ)
画面を開きながら横でメモ帳を開いて、私、本気モード!

酒井プロデューサーから、α版の内容は、画像、動画はNGというお知らせ
でしたが、文字にしてはいいという条件のもと、私的な感想を
書いてみたいと思います!

実は今のPCではスペック推奨をむしろ下回るのですが(CPUのみ)
なんとか動きましたよ!うふふ。
さすがに12人乱闘とかなると厳しいとおもわれますが、参加しないわけにいかないじゃないですか!

ということで、個人的感想、いってみよー!
ネタバレが嫌という方のために、たたんでおきます。


【キャラクリエイト】
正直、目と鼻の間の調整もできるとおもいませんでした!!!
これで、ミサワキャラもできますね!(オイ)

キャラクリエイトの画面編成などは、「完美世界」にとても
似ておりました。
完美もかなり顔の要素がいじれるのですが
(鼻梁、頬骨の高さなど)
いじってもあまり変化が見れないと、バーを上下するので
感覚が掴みにくい。

PSO2ではスライダーでその当たりがとても視覚化されてて
やりやすかったです。

ポイントとしては
「かんたん」→「こだわり」という形で作りこんでいったほうが
いいかなと。
いきなりこだわりでやってしまうと、髪型が変更されてしまったりして
結構操作が煩雑になってしまう感じがしました。

あと、筋肉のつき具合までかえられるので、ガリガリ君もヤセマッチョも
ガチムチも思いのままです。
女性キャラにも大事なおっぱいスライダーもついてたよ!
ボインボインどころか、向きまで選べるとか。

髪の色も、色の深度がえらべるので、明るめ、鮮やかな髪、くすんだ色
なんかも思いのまま。

すっごいよ!SEGA!!

ちょっと全然イメージが違うキャラでもぐりたくなりましたが
一応1stのMARS君を作成。
こだわったつもりでしたが、実はデフォルトからあまり変えられなかった…。

個人的には「かんたん」の顔の作りの要素なんですが
「熱血系」とか「クール系」とか、少々わかりにくかったかなーと。
左右上下の顔の要素をかえてみたんですが、何がどのように変わったのか
つかめませんでした…。

しかし、ぱぱっと触っただけなのに、軽く1時間半はいじってたのは内緒。

やはりPSシリーズの真髄はキャラクリエイトにあり!!

【ロビー】
ショップメインの広場とスキル習得とクエスト受託のカウンター
の二箇所となっていました。

製品版はマイルームとかあるのでしょうか。期待します!

先にPTを組んでおいてからの受託となります。
もちろん、乱入もできますが、クエストごとに部屋名が表示されるので
ちょっと探しにくいのが難点。

あと、マルチフィールドに入ってしまうと、部屋名がでないことが
あるような気がしました。
友達の部屋とかなかなか探せなかったなぁ。
今後の改善点となるようなので期待。

あと、みんな、高いとことろに登って待ち合わせしない。
…ご近所の犬みたいでした(笑)

広場とカウンターのどちらかにいるのかわからないので
ついついそうなっちゃうのかもしれませんが。

【フィールド】
懐かしい…とはいいませんが、PSOの匂いを感じました。
もっと、綺麗になって、もっと空気感を感じられるフィールドでした。

お気に入りの場所でSSをとってきたので、後で絵に起こせると
いいなと思ったり。

サウンドもグッド。
鳥の鳴き声、虫の声、草を踏む音、雨音、雷音。
Uに比べて断然ボリュームがあがってます。

ビジュアルも自然が美しかった。
植物の種類が多い。多様性の美しさですねー。
第一エリアは春の森のようなイメージ。下草も少なく歩きやすい。
第二エリアは夏の森。下草は、深いところは腰の丈まであって
地形の変化を隠してる感じですね。
不意の雷雨も楽しかったです。だんだん曇ってきてとか。

溶岩地帯はちょっと薄暗くて、どこに何があるのかが
少々わかりにくかったです。
最後の大ボス、ドラゴンは突然現れるので、今までのシリーズのように
ボスエリアがあるわけじゃないから、常に用心しないといけないかも。

【戦闘】
時間がなくてハンターしかできませんでしたが、ギリギリまで
粘ってLV20まであげきりました!

各職業ごとにレアではないですが、固有グラフィックの武器が
用意されていたようですね。
HUは大剣のザンバ
FOはヤスミノコフ3000R
RAはクラリータ・ヴィサス

金髪で黒い鎧でザンバを振り回すマイキャラは…
とっても、FF7のクラウドみたいでした。本当にありがとうございました…。


あと、個人的に懐かしかったのは武器のフォトンカラー。
フォトンの色がかわることで、武器のLVがわかるのは
PSOならではの仕様。

緑→青→紫→赤→黄→レア(固有フォトンカラー)

O2では、もうちょっと細かいかもですね。
緑→青緑→青→青紫という感じだったので、
五段階に中間色を入れて全10段階にすると、いわゆるコモン武器の
段階にちょうどいいかなと思ったり。

他にはHPバーなどが左上に配置など、PSOと似た画面配置を
意識してますね。

あと、ワイヤードランス、超楽しい!!!
PAも自分の好きな組み合わせでできるので、ここは見せがいが
ありそうですよ。

敵の種類にあわせて、空中に対応のPAを組み込んでもいいかな
とかわくわくいたしました。
ジャンプしながら打てるのもたのしいー!

ゲージがたまる理屈がわからないまま、終了してしまったのが
残念ですが、どうやら、普通の打撃を連続で入れていると
ゲージがたまるようですが、動き回る大物相手だと
厳しいですね。

マルチフィールドエリアにはいると、一期一会ですが
他のパーティと共闘できるのが楽しかったー。
ちょこっと触れられるっていうのがいいなーと。

もちろん、好きなところで離脱も自由です。
抜ける挨拶だけして、さっとパイプでひとっとび。
こういう気軽なふれあいもいいなーとおもったり。
(実際ソロでマルチにはいって、他チームに助けてもらったり、助けたり)

今までのPSシリーズではメイト一つで、歩きながら使ったりで
回復が容易でしたが、今回は回復に時間がかかる仕様となってました。
いわゆるモンハン仕様でして、回復に特定のモーションがついて瞬時は
できなくなってました。

これがまた戦闘に緊張感をもたらすものだとおもうんですが
乱戦の中、群れをぬけて回復とか、引き際をちゃんと見ないといけないのかも。
難しいなぁ。

個人的にはレスタは早く、メイトは遅くでいいかなーと。


【操作感】
ここは、まださすがに未完成さを感じました。
コントローラーの対応種類もまだ少ないですし、ドライバの種類によっては
ボタンが割り当たらなかったり。
結局緊急回避なしで、突き進んだ私なのでした(涙)

キーボードとパットの操作が混在したり、視点がまわったり
ロックオンが手近なキャラになってしまって、なかなか外せなかったり。

ここのあたりは、だんだん洗練されていくのかなと期待します。

レポートの結果での、不満点はここに集中してますしね。

パット一つで操作が完結するのが理想なのですが、TPSも組み込むと
マウスでの操作が断然しやすかったり…。
うーん、悩ましい!!

あと、個人的に意地悪をして、操作途中にパッドを抜いたり
イレギュラーみたいなことをして、エラー画面をだしてみたり。

…でもこれも、まだαの段階でつめる部分ではないからなぁ。
出て当たり前かなと思ったり。
(一応報告しましたけど)

たくさん報告したので、テストに役立ったことを祈るばかりです。
そして、β、その先にある製品をじっくりと待ちたいですね。
あわてて作らず、良いものをしっかり作り上げてほしいです。

大丈夫、PSユーザーはよく訓練されているので、少しくらい遅れても問題ない!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちくま

  • Author:ちくま
  • 同人腐女子ではないと頑張りたいのですが
    最近あきらめました。
    オタくさくてごめんちゃい。
    せめてスキンはさわやかに…。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。