スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アコースティックリバイバル

さてと、音楽カテゴリーとしては超久しぶりの更新なんですが
実はちょいちょいライブには行ってるんですよ。
今確認したら、最後が7月って…!!
こっちのブログでは書きそびれてる感があるんですけどね。

ああ、去年の夏のAXSのツアーとか、大ちゃんのクリスマスディナーパーティとか
TMRの輪廻転生ライブとか書いてない… orz

すぅ…。
大ちゃんのオーバーオールが見れるのはフォークパビリオンだけー!
大ちゃんのピアニカが聞けるのはフォークパビリオンだけー!
これが言いたかった。

ちょっと前になりますが、去る5/4のGWに、学生時代の友人とともに
TMN 『EXPO Folk Pavilion ‐Revaival‐』に行ってまいりました。
以下は折りたたみにしておきますので、興味のある方だけどうぞ。

絵がかわいい~
随分久しぶりだったんですが、あったらわき合い合いでした。
チケットを譲っていただいた方は初対面でしたが、ネットを経由して
はるか広島から参戦だとか。
少し、懐かしいTMN話をしつつご挨拶をしてきました。

今回の会場は東京、後楽園ゆうえんちに併設のJCBホールだったんですが
奇しくも15年前にTMNが『LAST GROOVE』を行った地。この時は東京ドームでした。
二人して「聖地だねー」と感慨深くもありました…。
徹夜でLAST GROOVEのチケット販売待ったこととか、
木根さんが『エレプロ』をねだられて「コーラスしか歌えないので勘弁」とか
…走馬灯です。

黄色い花


HIROからもお花がちゃんときてました。
AXSのリーダーの先輩ですからね。ちゃんとわきまえておりますなぁ。
黄色の花はいつもどおり、
ビタミンカラーですね!(はい、妄想)

で、もちろん、大ちゃんは今回はあくまで添えであり、メインは
もう40年以上の幼なじみの二人、ウツと木根さんです。

で、フォークパビリオンとは?
TMNがEXPOツアーでフォークが好きな二人がちょいちょいと趣味な曲を2曲ほど
紹介するコーナーでした。で、今回はそれの拡大版。
ウツと木根さんが、独断の趣味で自分達の好きなフォーク曲のカバーを演奏。
対極にヘヴィメタパビリオンがあります。
こちらも互いに持ち楽器じゃないところを担当して、2曲くらい披露してたよう。
ミニコーナーみたいだと思ってもらえれば!

客入れ曲からフォーク責めでして、徹底してるっ!
最初に木根さんとウツが登場。
いつものLiveなら総立ちですが、今回はフォークなので皆さん静かにお座り。

・たどり着いたらいつも雨降り 吉田拓郎
・冬の稲妻 アリス
・22才の別れ 風
・今日まで、そして明日から 吉田拓郎

ココまではウツと木根さんの二人で演奏。
普段はプロですから、痛いとか苦しいとかそういう顔を決してみせませんが
今回はもっとラフ。とうことで、どうやらウツのおててが痛い模様。
「久しぶりにギター弾くからだろ?」
と木根さんにつっこまれつつ、手をぷるぷる振るウツがかわいかったです。
「プロじゃないから痛いっていいだろ?」

しかし、ウツが脇机においてあるおしぼりで指を冷やす様子を
みてたんですが、足長い…。もうー、おっちゃんなのに、なんなのよー!

実はリハーサルの時、緞帳がちょっとしか開かないハプニングが
あったそうなんですが、一曲一曲しまると楽しくない?と
木根さんがいってました(笑)

そんなのはTMRの輪廻転生ライブだけで十分です(笑)

で、今日のユニット名(?)は『東京ネズミーランド』だそうです。
EXPOツアー時も、当日その場のノリで色々決めていたそうですが
それもなぞってますね。
ウ:「東京ネズミーランドの、ミッキー・カーチスです」
木:「あー、最近ご高齢にも構わず再婚された方と同姓同名ですね」
ウ:「そうですね。そういうあなたは?」
木:「偶然ですね。同じくミッキー…よしおです」

えと、ゴダイゴのミッキー吉野さんをパクッたってことでいいのかな?
少し考えてしまいました。

木:「これで前振りして、ステージ袖で一生懸命考えてるんだろうねー」
ウ:「そうだねー」
と袖に向かってニヨニヨする木根さん。
これで大ちゃんもミッキーネタをするということですね。
ミッキーファンとしての真髄が見れる?
…Sいっ!(苦笑)

・最後のニュース 井上陽水
これは大ちゃんの声が、井上陽水さんに似てて、永六輔さんに似てて、小室先生にも
似てるというところから始まったようです。
EXPOツアーでも歌ったようです。News23のエンディングだったような?

曲が終わった後に先ほどのネタをしっかりこなす大ちゃん。
大:「どうもー、東京ネズミーランドの…ミツキヒロシです」
木・ウ:「うまいー」
二人とも大絶賛です。

木:「本当、袖でこんなくだらないこと一生懸命考えてたねー。演奏聴いてなかったでしょ?」
木根さんのいじりに、大ちゃんオーバーアクションで否定(笑)
そして何故か木根さんがうっかり大ちゃんのことを「大さん」とか呼んでしまい。
大:「どこかの掃除機みたいですね」

ああ、ダイソンですね(笑)

・月の河 TMN
アルバムにはヘヴィメタ曲の「I HATE FOLK」に被ってしまって
フルコーラスは聞けないんですが、ここで初めて聞きました。
いやー、ウツの声がすごく響いて綺麗でした。
後日アルバムを聞きなおしたんですが今の声のほうが深みがある。

・時の流れに身をまかせ テレサ・テン
大ちゃんのピアニカ、きたぁぁぁぁぁー!!
木根さんの「一息で何コーラス続くの?」の何気ない一言で1音を ずーっと吹き続ける大ちゃん。
もう肺活量との勝負。
最初は座って吹いてたものの、息が厳しくなると立ち上がって、しゃがんだり手をぐるぐる振ってみたり。

二人のお兄さんは軽く鼻歌とか歌って、小節を取ってましたが
「うん、オープニングくらいはいけるね」とサラリ。
キャー、木根さん、Sすg(略)

大ちゃんはバテバテでイスの上でぐったりのパフォーマンス。
「背中のあたりにヘンな汗をかきましたよ」
逆らえない大ちゃんでした。
で、ここで、ピアニカで伴奏をつけてましたが、なんていうか
前よりマスターしてませんか?!

実は5年ほど前に、やはり木根さんとウツだけでTMNを本人がカバーする
というライブで行って、そこで初めて大ちゃんのピアニカを聞いたんですが、
息の強弱だけで、すごく表現豊かでした。
ピアニカ恐るべし…。

・五番街のマリーへ ペドロ&カブリシャス
私はあまりしらなかったんですが、むしろこちらのアンサーソング(?)の
「ジョニーへの伝言」の方を知ってる私はおかしいですか?そうですか。
出だしで思わず大ちゃんがとちるという、珍しいハプニング付き。
ウツがニコニコしてたのが印象的でしたねー。

他にもグダグダしたところが一杯あって…覚えきれてない。

・ハナミズキ 一青窈
急に最近の曲をもってきたなーとおもったけど、きっと木根さんが
チョイスしたのかなと。木根さんが好きそうな曲だと思いました。
メッセージ性と曲サビとか。私の勝手なイメージですが。

・時の過ぎゆくままに 沢田研二
これは有名なジュリーの歌ですけど、前回の府中のライブでも歌ったそうです。
木根さんいわく「カラオケみたいなライブでごめん」
…それにしては豪華すぎますって。
で、全員でジュリーの格好をする?というヘンな提案をする木根さん。
歌の間じゅう常にテンガロハットをなげるとか。
(これは「勝手にしやがれ」の衣装)
で、木根さんはトキオの格好?無茶すぎます。

ここでウツが突然「うるう秒ってしってる?」と話をふりました。
どうやら、世界標準時をあわせるために今年はうるう秒をいれたようです。
ですので、1分61秒ある日があったんですね。
木根さん曰く、何ぞそれみたいな。
「俺さー、年だからちょっと前のこともすぐ忘れちゃうんだよね」
話がぐだぐだでかみ合わないのがわかったのか、ウツは
「もういいよ」と放置。
きゃー、Sすg(略)

・恋のバカンス ザ・ピーナッツ
木根さんが、ザ・ピーナッツが歌っていた「モスラ」のサビの部分の
「や」が何か気になって仕方ないと話をしてました。
さすが作家さん。
「掛け声みたいなもの?合いの手?よ、にっぽんいちー!みたいな?」
…どこの歌舞伎座…(苦笑)
私は中村屋が好きです。(関係ありません)

大ちゃんは、この古いモスラを知らないということでi-phoneでyoutubeとか漁って
見せてたようですが、 木根さんがi-phoneのことをちゃんと言えない。
指で四角く形をつくって「アレ、アレ!!」
…おじいちゃんみたいでかわいい…。

・Another Meeting TMN
正直、この曲が聞けるとおもわなかったですー。
こっそりウルっときたのは内緒です。
Kine Blueの最後の曲で、いっつもいっつも繰り返し聞いてまして。
歌詞の雰囲気とか『Here, There & Everywhere (冬の神話)』の
アンサーソングっぽくてすごい好きなんですよ。

アンコールはオーバーオールでそろえてきてましてー。
木根さんは紺に茶のネルシャツ、ウツは灰色のオーバーオールに白の開襟シャツ
大ちゃんは白のオーバーオールに黒・白のストライプシャツだったかな?
ちょっとうろ覚えでスミマセン…。

ここでのトークも相変わらずの感じ。
木:「さっき、裏で指見せてもらったけど、それひどいね。ぐちょぐちょ」
ウ:「だから痛いっていったろ?」
どうやら弦を押さえるせいか水ぶくれみたいになったようです。
木:「これさ指サックとかにして、ツアーグッズにしたら売れるかな?」
ちょっとあまり一般的じゃないとおもうんですけど…。

なぜかここで、即興の歌を作れと無茶振りのウツ。
木根さんが困ったけど、そこはプロ。ギターを軽くひいて
「さよならの歌」を歌ってくれました。
本当に、こんなしょうもないライブにきてくれてありがとう~みたいな。
ここで一番拍手が大きいのはどうかと思いますが…。
でも、いかにもな木根フレーズが入ってて私はウハウハでした。

最後ということで2曲ともTMN曲。
We Love The Earthはフォークバージョンだから
立ち上がる人も居なかったんですが、手の振りがねー。
もう体が覚えているというか。座ったまま皆、振りをしてました。

<セットリスト>

・たどり着いたらいつも雨降り 吉田拓郎
・冬の稲妻 アリス
・22才の別れ 風
・今日まで、そして明日から 吉田拓郎
・最後のニュース 井上陽水
・「いちご白書」をもう一度 ビリー・ザ・バンバン
・月の河 TMN
・時の流れに身をまかせ テレサ・テン
・五番街のマリーへ ペドロ&カブリシャス
・桜三月散歩道 井上陽水
・ハナミズキ 一青窈
・時の過ぎゆくままに 沢田研二
・永遠のパスポート TMN
・僕の胸でおやすみ かぐや姫
・恋のバカンス ザ・ピーナッツ
・また会う日まで 尾崎紀世彦
・あのすばらしい愛をもう一度 フォーク・クルセイダーズ
・見上げてごらん夜の星を 坂本九
・Another Meeting TMN

・パノラマジック TMN
・We Love The Earth TMN


ちょっとお高いです…

せんべい、美味しかったです。
…しかし同人グッズみた…ごふごっふ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちくま

  • Author:ちくま
  • 同人腐女子ではないと頑張りたいのですが
    最近あきらめました。
    オタくさくてごめんちゃい。
    せめてスキンはさわやかに…。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。