スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wellcome To Metaverce

週末は、グラールを離れ、私は別の仮想空間に行ってきましたー。
その名もMetaverce(メタバース)
Meta(メタ:高次な-)+Universe(宇宙)の造語です。
ネトゲで有名なセカンドライフでもこれをもじった
世界名ですがちょっと違います。
アメリカのSF小説「スノウ・クラッシュ」内の仮想世界名をもとにして
おり、最近はCPUや脳内の仮想空間をさすそうで。

わぁ、まるで「Virus」みたいな世界観ね。
(って引き合いに出すゲームが古過ぎるか)

Asakura Daisuke Live Metaverceです。
浅倉氏が作る、ディープで濃くてサイバーな世界を表現する
ライブへいってきました。
自分の誕生日プレゼントというのもかねております!
今年のバースデーは大ちゃんと一緒!ヤッホイ!!!

会場はZepp Tokyoですが、オールスタンディングだけど
椅子が用意されていて意外でした。
1000人ちょいくらいで、椅子に座りたくない人は立って見るという形です。
確かに、バラードはゆっくりききたいですからね。

やがて照明が落ちて、かすかな音が聞こえてきます。

汚水を跳ね上げ走る足音、息切れの音に紛れて
遠くから聞こえるサイレン、施設からもれる機械の低音、
追い詰められて、フェンスが大きな音をたてて…。

ここで鉄扉があくような音が反転してライブのスタート。
まるで映画の一幕のようなです。

浅倉氏、歌うの?と思われますが、歌います。
はっきりとしたボーカルじゃないですが、彼の手にかかれば
声も音の素材のひとつ。
エフェクトを効かせて曲の中のアクセントになります。
それが、またたまらないというか…、マシンボイスチックというか。
でも永六輔っぽい声だと知ってる人はしっている(爆)

さて、セットリストですがもうメモしきれてません。

久しぶりに聞く21st Fotuneの曲もたまらなかったけど
何よりもこのツアーのために、新曲を3曲も用意してくれた
大ちゃんに乾杯です。

そのうちの1曲はMetaverceをテーマにしたもの。
うねるテクノサウンドが、異次元の空間に迷い込んだような
気にさせてくれました。

そしてもう一つは映画「ブレードランナー」内のアンドロイドを
テーマにしたもの。
映画見たことはある人はしってるかもしれませんが、
死をプログラムされたアンドロイドです。
うう、すっごい昔に見たことあるのに、ストーリーが思い出せない
自分に歯噛み!今度の休みに借りて見なきゃ!

あとはちゃんと小説で読んでみようかなと。
古典SFとしてはあまりにも有名な「アンドロイドは電気羊の夢をみるか?」ですし。

曲はというと、ゆっくりと雪が降り積もるような音をが降ってくるイントロに
もうブルブル!たまりません!!
うあ、CDで手元において何度も聞きたいー!!
一緒にいったツタコちゃんと、何度「ツボー!」と叫んだかわかりません。

「夏への扉」をテーマにした曲といい、大ちゃんの目指す世界が
accessよりもかなりはっきりしてていいなぁー。
むしろ、こっちの方がツボなのかなと思ってます。

そしてもう一曲は「ニーベルンゲンの指輪」の中で、ジークフリードが
もつ剣「ノートゥング」をテーマにした曲。
かなりのハイスピードで、サビの部分に大ちゃんが叫ぶ声がまた
なんとも言えず…。

って、かなりマニアックな説明になっちゃいましたが、
従来の曲も楽しかったー。虹シリーズの曲も一杯やってたし。
「PappetMaster」も聞けたし、私もお気に入りの「青い花」も聞けたし!
Stigmaもやってくれれば最高でしたが、ここは、また次回のお楽しみで。

そんなこんなで17:30から始まったライブはあっという間に終了です。
はやかったなー。うっとり。

しかし、この日は2部構成。
休憩30分を挟んで大人の部、スタートですのよ!!
といことで、クラブイベントについてはまた後日に!!

はー、書きながら思い出してて楽しかったー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちくま

  • Author:ちくま
  • 同人腐女子ではないと頑張りたいのですが
    最近あきらめました。
    オタくさくてごめんちゃい。
    せめてスキンはさわやかに…。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。